札幌の食の特産品ジンギスカン

札幌の食の特産品ジンギスカン

関連情報

札幌の食に関する特産品として思いつくもののひとつにジンギスカンを挙げることができます。ジンギスカン自体は札幌に限らず北海道の各地で食されている料理ですが昭和28年にジンギスカンを提供する老舗料理店が札幌市に初めて誕生したという歴史があり、現在は札幌をはじめとする北海道の特産品として広く認知されています。ジンギスカンは羊の肉を使った料理でその由来はモンゴルや中国の羊肉を用いた料理から来ているとされています。ジンギスカンが日本に伝わったのは明治時代の頃ですが、北海道に料理として定着したのは第二次世界大戦前後となります。当時軍服などに使用する羊毛の自給自足の為に北海道で羊の飼育がおこなわれたことがひとつの要因となっており、羊の肉も上手く利用する事が出来ないかと考えられたことが現在のジンギスカンに繋がります。ジンギスカンの特徴は独特のタレにあり、クセの強い羊肉をいかに美味しく食べるかという事で使用するタレについて創意工夫を重ねています。ジンギスカンはそのタレをつけるタイミングによって大きくふたつのパターンに分けることが出来、肉を焼く前にタレをつける場合は「漬け込みジンギスカン」、肉を焼いた後にタレをつける場合は「後付けジンギスカン」と呼ばれたりしています。ジンギスカンは飲食店で提供されているほか野外でのバーベキューや屋内でのホームパーティなど様々なシーンで利用されています。現在は通信販売やインターネットなどの発達により、札幌の特産品として北海道以外の地域でも手軽に楽しむことが出来るようになっています。

新着情報

おすすめサイト

Copyright (C) 札幌の食の特産品ジンギスカン All Rights Reserved.